1. トップページ>
  2. 会社概要

 会社概要

社長写真
■ご挨拶

近年、私ども葬儀業界では、高齢化社会、核家族化などにともない、急激な変化を必要とされています。

それまで、葬儀のことなど、口に出すことも「縁起でもない」などとタブー視されていましたが、最近ではマスコミでもよく取り上げられるようになりました。それは、消費者の方々が、これまでの葬儀に対して何かしら「疑問」や「違和感」を感じている方が多いと言うことの表れなのだと思います。そして、その方たちは少なからず葬儀について様々な「不安」を持っています。
「もっと自分らしい葬儀をしたい」
最近、よくお客様からこんな要望を伺います。

この多様化した時代に、儀礼的で画一的な葬儀は、時代にそぐわないのかもしれません。私たち 明進社 金子商店 のスタッフは葬儀に対して臨む気持ちのキーワードを「癒し(ヒーリング)」としています。どういったお手伝いをすれば、少しでもお客様の気持ちが癒されるのかを、いつも頭の中において業務をしてまいります。そのためには、お客様とじっくりと、納得のいくまで「お話し」をさせていただきます。この面では、私たちの業務は「コンサルティング」も担っているのだと思っております。それにより、「疑問」、「違和感」、「不安」を取り除き、「自分らしい葬儀」の施行ができるものだと考えます。
これからも、お客様が信頼して、まかせられる葬儀社として、常に努力していこうと考えます。

代表取締役社長 金子直裕


明進社ロゴ
■会社概要
会社名 株式会社 明進社 金子商店
創業 明治43年(1910年)
所在地 143-0014 東京都大田区大森中1-18-23
代表者 金子直裕
会社設立
資本金 1000万円
電話 03-3761-7883
FAX 03-3767-7777
e-mail kanekosyouten@ia2.itkeeper.ne.jp
URL

■社 歴
明治43年 初代社長 金子良作 により当時の大森七丁目に「明進社」として葬儀社を創業する。そののち、支店を大田区内に3店舗をかまえる。
昭和20年 戦災により本店、支店ともすべてを焼失したので、大田区 池上で業務を行う。
昭和30年 現在の本店の住所にて、葬儀社としての「明進社」と花環の卸業「金子造花店」を並行して業務を行う。
昭和42年 先代社長 金子幸作 により「株式会社 明進社 金子商店」として法人化する。
昭和48年 本店を改築して仏壇、仏具の営業販売を行う。
昭和55年 先駆けて葬祭場「金子会館」を京浜急行線 梅屋敷駅と大森町駅との間にある谷戸の交番の裏に開設し、業務開始する。
昭和56年 現事務所を改築し、贈答品の営業販売業務を開始する。
昭和62年 明進社 友の会 発足。葬儀の会員割引サービスを始める。
平成24年 第一京浜道路(国道15号線)拡張の為、葬祭場「金子会館」を閉館する。
同年 第一京浜を挟んだ向かい側に事務所を移転する。
(大森西5-27-9⇒大森中1-18-23)


■各斎場へご供花を FAXで注文

葬儀生花・ご供花のご注文

■火葬のみの葬儀をご希望の方

明進社金子商店火葬のみセット

■納得の葬儀をご提案させて頂きます

あんしん葬儀プラン

■国内空輸・海外空輸をご希望の方

空輸について

■区民葬のご案内

区民葬について

■お葬式関連のQ&A

お葬式 QA

■大田区の葬儀式場 一覧

式場案内

お急ぎの方はこちらから

TEL:03-3761-7883

東京都 大田区 大森 梅屋敷駅近くの葬儀社です!臨海斎場 平和の森会館 などの式場でのご葬儀の経験も豊富な葬儀社です。明治43年創業。地元の葬儀屋さんです!


お葬式 弔事 法要の ご供花(生花) のご用命なら株式会社 明進社 金子葬儀社へ!もちろん、遠方の方でもお迎えにあがります!病院から ご自宅 安置所 火葬場 への搬送も承ります!羽田空港が近くにあり、国内のご遺体の空輸も承ります!

ご供花(生花)は日本全国発送可能!まずは、お問い合せ下さい!


弊社は、全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)加盟店です。区民葬の取扱指定店でもあります!
全葬連葬儀事前相談員資格、1級葬祭ディレクター資格を保持する社員が在籍しております!ぜひ安心してご相談ください。


葬祭ディレクター資格について

葬祭ディレクターについて

全葬連葬儀事前相談員について

全葬連葬儀事前相談員について